担保ローンのメリットとデメリット

担保ローンのメリットとデメリット

不動産担保ローンは担保ローンのうちの1つですが、このローンの良い点と注意すべき点はどのようなものでしょう。金融機関などによっては、融資条件も内容もさまざまではあります。

低金利なローン

一般的にメリットをあげると、不動産の価値が融資額に比べて高かったりすると、低金利で担保ローンが組めたり交渉出来たりすることです。借りたお金の用途や返済に関する信用も条件を左右します。担保の必要なローンなら、担保のいらないローンよりまとまった融資が受けやすくなります。

手続きが複雑

不動産担保ローンの注意点としては、登記に関する煩雑な手続きや手数料が発生することがあります。不動産担保ローンの弁済権は、優先的に扱われるようになります。債務者が行使できる権利の内容が、無担保ローンの場合は有担保ローンより強いということも多くあります。

返済不能になると...

担保を立てたローンで返済不能に陥った場合、最悪の場合は担保を手放さなければならないことにもなります。担保を立てた上でローンを利用する場合、貸し付け条件や金利だけでなく、担保を立てた時利点と欠点を充分把握するべきでしょう。

しっかりと先を見通したローンを組まなければ、返済ができずに往生してしまうこともあります。一人で何もかも考え決めるのではなく、金融機関の人や家族などと納得がいくまで相談をし担保ローンを組みましょう。